バッティングのタイミングの合わせ方って? - 打球を遠くへ飛ばす方法〜 少年野球指導法 〜

打球を遠くへ飛ばす方法

大事な少年期に高打率打法を身に付けて今度の大会ではパワーヒッターに大変身!
↓↓↓↓

バッティングのタイミングの合わせ方って?

バッティングにおいて非常に重要なのが、タイミングの合わせ方です。

バッティングのタイミングの合わせ方のコツとして、次の3つが挙げられます。

・ボールを呼び込む
・1、2、の、3で打つ
・ピッチャーが軸足を曲げた時にテイクバックを開始する

まず、大事なのは、ボールをしっかりと呼び込むことです。

自分から打ちに行くと、上体が前に行ってしまうので、タイミングが合いません。

そのため、ボールが来るのを待つようにしてください。

そして、1、2、の、3というタイミングで打つというのも、タイミングを合わせるためには大切です。

1、2、3では変化球に対応することができませんが、「の」を入れることによって対応することができます。

ちなみに、1で構え、2でテイクバックして、3でスイングするのです。

それに、ピッチャーが軸足を曲げた時にテイクバックを開始するというのも、タイミングを合わせるコツの1つになります。

テイクバックを開始するタイミングをピッチャーに合わせることで、タイミングが非常に取りやすくなるでしょう。
2014-01-23 15:08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 打球を遠くへ飛ばす方法〜 少年野球指導法 〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。