バッティングの効果的な練習方法って? - 打球を遠くへ飛ばす方法〜 少年野球指導法 〜

打球を遠くへ飛ばす方法

大事な少年期に高打率打法を身に付けて今度の大会ではパワーヒッターに大変身!
↓↓↓↓

バッティングの効果的な練習方法って?

バッティングが上手くなりたい場合、どのような練習方法で練習すれば良いのでしょうか?

バッティングが上手くなるために効果的な練習方法は、ひたすら素振りをすることです。

素振りは非常に地味な練習方法ですが、これが最も効果的でしょう。

そして、何度も何度も素振りをすることによってフォームを固められるというメリットもあります。

しかし、ただバットを振ればいいという訳ではありません。

ただやみくもにバットを振るだけではあまり意味がないので、実戦をを想定した素振りをしてください。

極端な話、何も考えずに素振りを100回やるよりも、実戦を想定した素振りを30回やった方が効果的です。

実戦を想定した素振りをする時のポイントは、次の3つになります。

・ピッチャーを想像する
・コース、球速、球種をイメージする
・打球を意識する

まず、目の前にピッチャーがいることを想像して素振りをしてください。

右ピッチャーなのか、左ピッチャーなのかなど、自分の中で相手をイメージしましょう。

そして、素振りをする時は、コースや球速、球種をイメージして、それに合ったスイングをします。

また、どこにどのような打球を飛ばすのかを意識して素振りをするのも、とても重要です。
2014-02-06 06:49 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 打球を遠くへ飛ばす方法〜 少年野球指導法 〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。